町田市で後悔のない葬式をおこなうときに知っておくべき点

湯灌をして故人の体を浄めてから葬儀をする

菊

湯灌とは、遺体を納棺する前に身体を浄めたり、化粧を施したりすることです。これを行うことで、遺体が傷むスピードが遅くなります。今は亡くなった時点で病院の方がエンゼルケアをしてくれるので、必ずしも湯灌をする必要はありません。でも、エンゼルケアをしてもらってから納棺するまでの間に遺体の腐食が進行することもありますし、亡くなった人の体を清潔にして服装も整えることは、死後の世界に行く際の旅装束を整えるという宗教的な意味も込められているんですよ。生まれた時に産湯に身体を浸すのと同様に、遺体を入浴させることで、新しい世界への旅立ちの儀式としています。これらの意味や役割を評価したいなら、湯灌をしてもらった方がいいでしょう。
湯灌は葬儀会社の方で行ってくれます。湯灌に就いての簡単な説明の後、洗髪や顔剃りを行い、顔をきれいに拭きます。遺体にある傷は綿や傷パッドでカバーすることができますから、傷跡も目立たなくすることが可能です。体を浄める際に使うシャンプーやタオルなどは葬儀会社が事前に準備しますし、移動入浴用のものを使うので、自宅の浴槽を使って湯灌をすることに抵抗感がある人も安心してくださいね。時間もそこまでかかりません。

RECENT ENTRY

ARTICLE LIST