町田市で後悔のない葬式をおこなうときに知っておくべき点

葬儀の際に必要な花

数珠

葬儀の際には花を飾ることが多いです。一般的には白い菊の花を用いますが、最近では故人が生前好きだった花や、故人をイメージさせる花を飾ることも多くなってきました。葬儀会社の中にフラワーアレンジメントを専門に行っていうスタッフがいることもあります。遺族から故人の話を聞いて、イメージを膨らませて祭壇に飾る花を選ぶ、ということもあります。
また親族など生花を供物として設置することがあります。最近増えている家族葬であっても、生花が何もないのは寂しいということもあるので、お金を出してもらって飾るということがあります。一般葬であれば、この生花のカゴの数も増えることでしょう。しかしあまりにも多くなってしまうと、今度は置き場所に困るということになってしまいます。
出棺の際に故人の周りを花で飾るということもありますし、葬儀の際にはたくさんの生花が必要です。造花であってはいけないということがあるので、生花を用意するのですが、季節によっては花の種類も変わってくることがあります。希望をする花が葬儀を執り行う際に全くない、ということも考えられるので、出来る範囲で飾ってもらうとよいでしょう。
この生花に関わる費用も高額になってしまうことがあるので、予算は葬儀会社に伝えておいたほうがよいでしょう。

RECENT ENTRY

ARTICLE LIST